高校生ボランティアNさん 2つの賞を受賞

学びボランティアで、子ども達への学習支援をしているNさん。
彼女は高校2年生。
龍ケ崎市外に住んでいるのに、高校が終わった後、みら塾に直行。
高校受験を経験したばかりなので、
どんな学習内容でも教えられるし、テスト傾向も教えてくれるし、
子ども達と年も近いので、いろいろな相談(恋話?)にものってくれるし、
子ども達も、「Nちゃん、Nちゃん」と慕っています。

    

高校の授業がある土曜日は、午後 学校から直行して、
いばきら塾の学習支援に参加しています。

      


児童養護施設でも学習支援ボランティアをしているそうです。

1つめの賞は、
「インターネットによる高校生小論文コンテスト」
インターネットで作品を提出して、3回の予選を通過した65人が、
東京、大阪で行われた本選で、課題「川」の論文を90分で書き、
彼女は、見事「最優秀賞」を受賞しましたemoji
(毎日新聞社主催、文部科学省など後援)
ボランティアの体験から自分の考えを述べ、すばらしい作品です。
(10月19日毎日新聞に全文掲載)

もう1つの賞は、
「ボランティア スピリット賞」
ボランティア活動に取り組む中高生が対象で、
グループまたは個人が、
活動内容、活動を通じて学んだことなどを書いて応募します。
(ブルデンシャル生命、ジブラルタ生命などが主催、文部科学省などが後援)
彼女は、そのブロック賞を受賞しましたemoji
190名(団体)が受賞し、12月に東京で3日間かけて
表彰式、交流会などが行われます。
その中から、2名がワシントンで行われる全米表彰式に招かれます。

Nちゃん おめでとうemoji おめでとうemoji
2つも賞を受賞し、私達もすっごく嬉しいです。
これからもよろしくねemoji

  by Reiko

お水ください。

10月17日(火)i i 場所みらサポがあった日です。
子どもたちの為にと雨の中、多くの方々が色々な
支援物資を事務局に届けてくださいました。

 
居場所にきた子どもたちは、皆「ただいま~」
と、入ってきます。
そして、夕飯前のおやつを食べます。

夕飯前のおやつは賛否両論です。
夕食前におやつを食べたら夕飯が食べられない…

…子どもたちは見当たらず…

おやつを食べたからとて、夕飯には影響がない…

…子どもたちが多いです。


学校から帰って来てお腹がぺっこぺこで
宿題どころではないので、やっぱりおやつは必要なんですね。

だから、お菓子やおやつになるサツマイモや枝豆の寄付は、
ありがたい「感謝!」となります。

お菓子ばかりではないです。


お肉の寄付もあります。
今日は、このお肉を使って温かいシチューを作ります。

栗も頂いたので、炊飯ジャーで蒸かして、食後のデザート。

その他にも皆様の温かーい気持ち頂きました。


手をかけ時間を費やして作って下さった大切なお野菜も
こんなにいっぱーい頂きました。

じゃがいもは、シチューに使い、大根はサラダに。
はやと瓜は、頂いたお味噌につけて明後日の食事に出せそうです。

小松菜、ほうれん草、山東菜…どの様な味付けになって
子どもとたちのお腹の中に納まるのでしょうか。

もう何年も遠いところから毎週ボランティアに来てくださっている
方が、その日頂いた新鮮なお野菜をみてメニューを考えてくださる
のは、とても嬉しく頼もしく感謝でいっぱいになります。

まだまだ今日頂いた寄付いっぱいあります。
   
学校給食等がお休みの時に                     お米も頂けます。
子どもたちだけでも食べられ              居場所でも食べます。    
るのでカップ麺は助かります。       子どもたちの家にも配ります。


寒くなりました。長袖やダウン系、季節に応じたお洋服は
子どもたちが直ぐに着て帰ります。この日も、夜の運動部(注)
に行く時に、首がおおーーーーきく伸びた半袖Tシャツと
半ズボンの子がいましたが、今日頂いたお洋服を上も下も
早速着替えました。季節には季節に応じた服装があるのだ
と、常に子どもたちに伝えます。身体を大切にして欲しいです。

(注に関しては、後日ブログにて)


この日だけでも、皆様から頂いた「心」が子どもたちには、
温かく届けられ助けられ見守られました「有難うございます。」



  「協力お願いします」のお願いです。

家に飲み水がない子どもたちがいます。
水は出るのですが、飲み水には使えない家に
住んでいます。その様な家に引っ越すしか
仕方がなかった家族です。

飲み水は、ペットボトルを購入しています。
が、いつも買えるわけでは、ありません。
居場所からも支援はしていますが足りません。

お水のペットボトルがもしあれば・・・


例えば、防災用に保管しているお水が、もう少しで
期限が切れるので買い替えるよ!なんてそんな場合

もしよかったら、そのお水ください!

飲み水が買えなくて困っている家族がいます。


by  HIROKO  











みらネット通信10月号

子ども食堂への食料品ご支援や、日用品や文房具、
寄付金などをいただいた方々、またみらネット会員さんたちに
定期的に送っています「みらネット通信」です。

現在、月曜日〜土曜日、毎日子ども支援事業を行っています。






みらネット正会員の皆様へ「第14回通常総会」のご案内

未来の子どもネットワークは、
9月が新年度となります。
よって、第14回通常総会を10月28日(日)15時より開催いたします。
皆様方から日頃支援を頂いています子どもたちの様子など、
普段子どもたちと接しているスタッフも出席していますので、
聞いてみたいことや気になることなども、
和やかにお伝えできたらと思っております。


また、万が一、正会員の方で、
第14回通常総会のご案内が届いていない方が
いらっしゃいましたら、たいへんに恐縮ですが、
ご一報くださいますよう、宜しくお願い致します。

愛の募金

10月5日(木)茨城県立県民文化センターにて、
「茨城県更正保護女性連盟」の結成60周年記念のつどい
が開催されました。



式典では、関連機関の方々、行政の方々が多数列席され、
多くの機関と連携し、茨城県の更正保護を長年にわたり
支えてきた更女の方々の精神と活動を学ぶことができました。


 

来賓の方々のあいさつの中で、

「あれ?」
みらネットのクリスマスにいつも登場してくれる、
サンタクロースさんに似た方が祝辞を述べていました(笑)





茨城県更女の皆さんは、当会の子ども電話相談の頃より、
活動を理解し、連携機関に加えていただきました。



茨城県各地で「ほっとけない運動」に取り組んで来られた
井坂会長はじめ各地の更女の方々に長年精神的に支えられ、
その事が当会の活動の原動力となっています。




そして更女の皆さんが地道に集めてこられた
「愛の募金」を長きにわたり寄付して頂いています。



「愛の募金」大切に
子どもたちのために使います。
ありがとうございます。


 

また、県内の社会福祉を行う各団体の歩みに、
更女の方々の支えが様々な形であったことを
知ることができました。


この日、茨城県更正保護女性連盟より
↓「愛の募金」の寄付がありました団体です。


・(更正保護法人)有光苑
・茨城県福祉相談センター
・茨城県立茨城学園
・認定NPO法人青少年の自立を支える会「シオン」
・茨城ダルク
・茨城ダルク家族会
・女性シェルター
・特定非営利活動法人NGO未来の子どもネットワーク







更女の皆さん、

日頃いつも子どもたちを、笑顔で温かく見守り、

様々な経験を子どもたちに提供してくださり

本当にありがとうございます。



そして結成60周年おめでとうございました。

                    by chie

Copyright ©  --  --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS /  /