第3回子どもの居場所・学習支援・子ども食堂ネットワーク会議


数えること、3回目となりました。
「子どもの居場所・学習支援・子ども食堂いばらきネットワーク会議」
を開催いたします。


日時:平成29年7月27日(木)
   午前9時半〜12時半


場所:県南生涯学習センター(土浦市大和町9−1  うららビル5階)
   常磐線土浦駅西口から徒歩1分。


 これからはじめたいと考えている団体、
実際に行っている団体、
何か協力をしたいと考えている人など
それぞれ皆さんの団体の進捗状況を踏まえながら
全体の連携を図っていきます。


また、支援物資が多く寄せられた時の
掲示板の活用などの議題や、
その他参加者から寄せられた
問題や議題にたいして話し合い、
問題を解決し情報提供して
いきたく考えています。

ご参加の方は、7月24日までにメールまたは
お電話で連絡先などご返信の程を
よろしくお願い致します。
① 参加者氏名(団体名・所属)
② 住所・電話番号
③ 最近の状況、話し合いたい議題などなんでも


 ◇ 連絡先:特定非営利活動法人NGO未来の子どもネットワーク事務局
 ◇住  所: 〒301-0847  茨城県龍ヶ崎市城ノ内3−2−2
 ◇電話/FAX  : 0297-62-8932   メール:miranetto2000@yahoo.co.jp


お腹いっぱい!子ども食堂メニュー 6月

6月、と言えば…
雨・梅雨・紫陽花…
梅雨はまだ明けていないけれど
これを書いているのはもう7月!

1ヶ月まるっと空いてしまいました
ごめんなさい、です

1ヶ月分まとめて、いただきます!!

1日


  ・じゃが玉にんじん、キャベツにそら豆、ソーセージ
    野菜たっぷりポトフ
  ・差し入れの唐揚げ みんな大喜びで「いただきます!」
  ・新玉ねぎと柔らかひじきのサラダ
    赤いのはトマトじゃないよ、ゆすらうめ
  ・白いご飯にアクセントがほしい人はふりかけをどうぞ
  ・今日は豪華にデザート2本立て!!
    バナナケーキとフルーツ盛り合わせ
    スイカに白桃(缶詰)アメリカンチェリー


6日


  ・そうめん 子ども達は流しそうめんやったょ(^0^)/
  ・新玉ねぎと人参、ズッキーニも入った彩り鮮やか天ぷら
  ・ピリ辛焼肉 安心してね、辛いの苦手な子には辛くない焼肉
    お好みで、天ぷらそうめん?焼肉そうめん?それとも素そうめん?
  ・ホクホクふかし新じゃが
  ・デザートは甘~いスイカ


8日


  ・もうすぐ夏だ!ズッキーニ入りカレーライス
  ・小松菜とツナのあっさり和え物
  ・おかかたっぷり大根しりしり
  ・キャベツとラディッシュと枝豆のクリーミーサラダ
    ミニトマト添え
  ・食後に一息 コーヒーゼリー


13日
 

  ・おむすび & おそば
  ・里芋、人参、インゲンにシイタケのこっくり煮物
  ・フワフワ玉子
  ・こんにゃくのゆずみそ田楽
  ・インゲンの和え物
  ・ホクホクふかし新じゃが
  ・ちょっと甘いお新香



おまけ……ならんだならんだなにがならんだ?



15日
 

  ・今日はいつものごはんじゃないよ…? もち米です!
    きな粉とあんこ どれ乗っける?
  ・ズッキーニと新玉ねぎの炒め物
  ・麻婆豆腐 もち米にこれ乗っけてる子多かった!!
  ・ミニミニじゃがいもの煮っ転がし
  ・枝豆、水菜の漬物
  ・ここには写ってないけど、かまぼこ豆腐
    フワフワしてて子ども達に人気でした♡
  ・デザートは夏の定番! スイカ


20日


  ・ツナとじゃがいものジャーマンポテト風
  ・キャベツとお豆のサラダ ゆで卵のせ
  ・お魚の缶詰
  ・コーンポタージュ
  ・フルーツヨーグルト お好みでイチゴジャムもね♡
影が写っちゃった……暗くてごめんなさい


22日


  ・グリーンピースごはん
  ・ハンバーグ ポーチドエッグ添え 
    チーズハンバーグとデミグラスハンバーグどっちがいい?
    これはデミグラスハンバーグだょ
  ・ポテトサラダにフライドポテト
  ・かぼちゃの素揚げ
  ・ゆでとうもろこし 初物です!
  ・豆腐と油揚げのお味噌汁
  ・きゅうりとカブのお漬物


27日


  ・スペアリブ 鶏のウィングもあったけど、これはスペアリブ
  ・カツオと鮭の南蛮漬け
  ・甘かったぁ! さつまいもの素揚げ
  ・なすのお味噌汁
  ・きゅうりの浅漬けと梅干
  ・今日は豪華にびわとメロンがデザートです♡


29日


  ・暑くなってきたね! カレーライス+パンもあるよ!
  ・サラダにも相性バッチリ!
    ポテトチップス入りキャベツのサラダ
  ・お茶で隠れてるけど……ズッキーニとベーコンの炒め物
  ・きゅうりと長芋(ピンク色)と瓜が主役の漬物3種
  ・涼やか フルーツゼリー


こうして6月も無事終える事が出来ました。

皆様からいただいたいろいろな食材のおかげで
子ども達もお腹いっぱい食べています。

ある男の子の言った言葉
「僕の身体のほとんどはここのご飯で出来てるんだょ」

ほんとだね!!

顔は見えないけど、たくさんの方々に支えられている私達です。

なので、やっぱり、ふたたび
「ありがとうございます!」です\(^0^)/
                   by kayo

   
  



 

茨城県議会保健福祉委員会の訪問

6月28日、いつも夕方からは子どもたちが集まってくる
いつもの場所に、昼間の時間、

茨城県議会「保健福祉委員会」の皆さんが
来塾されました。

ご挨拶の後、
当会の事業説明です。



子どもの貧困の現状、
学習支援や生活支援、
子ども食堂と居場所、
子どもたちと親たちと関わりで見えてきたこと、
そして、現状制度の問題点や何が必要か?
政策提言も。





それに対して、各議員さんより質問が。



議員の皆さんはじめ、同行された県担当者の
皆さんもメモをとりとても熱心でした。




その後施設見学でも、議員さんたちより
様々な質問があり、
最後まで皆さん熱心に調査されていました。








その夜、ネット上に議員さん数名の方々
の情報発信がありました。


○「学習支援事業、子ども食堂は、地域の大切な
 居場所になっておりました」
 設楽議員ブログより



○NGOの女性職員からは
「Aちゃんは家に帰っても両親はいつもいません」
「BさんもCさんも『どーせ…』が口癖…」と、
一人ひとりの子どもたちに寄り添っています。
「学校では4割位しか貧困は見つからない」と
自治体の信頼も得て順要保護家庭を聞いているようです。
そうした家庭へ丁寧に働きかけています。
子どもたちを思う情熱を感じました。
上野議員FBより



○「このような活動を実施している団体に
対してどんなサポートができるのか、
検討をしていきたい。」
星田議員のブログより


○「全ての子どもは、親から社会から守られて
生きる権利がある。だけどその権利を
生まれた環境によって使えない子がいる。
子どもは環境を変えることができない。
死に一番近いところにいるのは子どもたち
だと言うことをおとなたちは忘れている」
心に響く言葉でした。
高橋議員のブログより



来塾された議員の方々
・石塚仁太郎議員 ・高橋勝則議員  ・細谷典幸議員  
・常井洋治議員  ・上野高志議員  ・星田弘司議員 
・高崎進議員   ・設楽詠美子議員 ・萩原勇議員







貧困の中で育っていく、
子どもたちが、いつの日か自ら
議員さんたちに「子どもの意見表明」
できる日が来るといいな。


         by  chie








子どもの貧困の数字

先月(6月)は、子どもの貧困の数字が、2件ニュースとなりました。
この2つのニュースから見えてくるものは、何なのでしょう。

「相対的貧困率」の出し方が、それぞれ違っています。
なので数字も違いますね。


                        
子どもの貧困、格差、
日本ワースト10位     

先進41カ国調査(ユニセフ)

国連児童基金(ユニセフ)は、6月14日、
先進41カ国における子どもの貧困や格差、
教育など10分野の状況を順位付けした報告書を公表した。
日本は質の高い教育や飢餓解消で上位に入る一方、
格差による不平等の解消は32位と
ワースト10位にとどまった。
貧困撲滅も、調査ができた37カ国中23位だった。


貧困や格差の順位は、世界所得の差などを基に算定。
両分野とも上位3位はノルウェーなど北欧諸国が独占した。


日本は、飢餓の解消が1位、健康福祉は8位、
質の高い教育は10位と上位にランクイン。

一方、子どもの貧困を社会福祉などで効果的に
緩和しているかどうかを示す貧困撲滅の指数は
18%と、調査対象国の平均37.5%を大幅に下回った。


世帯所得が中央値の6割未満の相対的な貧困状態にある
子どもは18.2%(平均21%)だった。


調査担当者は「先進国であっても、進歩がすべての子どもに
恩恵を与えていない」と指摘し、対策強化を訴えている。 


2017年6月26日 福祉新聞記事より
**********************************************************************************

子どもの貧困7人に1人
12年ぶり改善、なお高水準
  2017年6月27日  ロイター



厚生労働省が27日発表した2016国民生活基礎調査で、
「子どもの貧困率」は15年時点で13.9%(7人に1人)だった。

3年おきに調査しており、過去最悪だった前回から2.4ポイント
下がった。改善は12年ぶり。

厚労省は「雇用状況が良くなり、子育て世帯の所得の増加が
主な要因」と分析している。


 ただ、先進国の中では依然として高めの水準。

特にシングルマザーなどひとり親を取り巻く状況は厳しく、

引き続き対策が求められそうだ。


**********************************************************

「国民生活基礎調査」がどこまで現状を把握
できているのか?といわれています。
相対的とは、いろいろ難しいかもしれません。

所得が基本なので、財産や借金は反映されていないですし。


ある時、会社の倒産、離婚や病気など、
生活がままならなくなった。
まずは、
自分で何とかしようと

気軽に借りられるローンや借金を
考え行動します。

その状態がなかなか改善されなかったら、
借金は減らずに公共料金や社会保険も
未払いが続きます。

やっと、所得が安定してきたとしても、
借金はそのまま。

今、貧困の実態を明らかにするために、
従来の方法とは違う新たな指標が使われはじめて
います。

2017年3月6日 NHK子どもに広がる『見えない貧困』
https://www.nhk.or.jp/special/plus/articles/20170303/index.html

http://moaikids.hateblo.jp/entry/2017/02/12/231836




この番組では「物質的略奪」という指標を使い、
それぞれの世帯の日々の暮らしに
焦点をあてた調査が行われています。

その結果、「相対的貧困」の世帯では、
子どもが当たり前に持っているはずの
「物」「人とのつながり」「教育、経験の機会」
などがうばわれていることが浮き彫りにされました。




「機会 Opportunity」
家庭でできないのであれば、
地域でという事かもしれません。

やはり、ひろこちゃんの言う、
「ごてごて昔のスタイル。
長屋スタイルが、みらネットのやっていること」
に、なりますかぁ〜。



                 by chie

みら塾

暑くなってきましたね。

6月26日 塾の後、21時から「ボランティアミーティング」を行いました。
遅い時間にもかかわらず、9名の参加。
塾の状況、子ども達の様子、学習の進め方など。

・龍ケ崎市広報誌に生徒募集が載りました。
・総体が終わると中学3年生が増えるよね。
・◯さんは、数学を頑張っているね。
・積み重ねの数学と英語はどう進めればいいかな。
・◯さんは、学校でこんなことがありました。
・夏休みの高校見学は、◯さんは◯◯高校へ行きます。
・子ども主体の学習支援だよね。
などなど。。。

まだまだ話はつきなかったのですが、遅くなるので終わりにしました。
皆さん真剣に子ども達に向き合ってくださっています。
ボランティアの皆さんがいるので、塾が続けられます。
本当にありがとうございます。

子ども達には、ここでいろいろな人と関わり、
いろいろな考えを知って成長していってほしいなと思います。

勉強をみてくれるボランティアの方だけでなく、
市内のパン屋さんからはパンが届きます。

         

子ども達、ひとり◯個でお土産になったり、
食パンは冷凍し、後日サンドイッチになって、勉強の合間にいただきます。

大家さんからはゆでとうもろこしをいただき、子ども達に好評でした。

    

最近、小学生が2名加わりました。
「楽しいと言っています」とそれぞれの保護者からお電話をいただきました。
うれしいですね。

これから生徒が増えそうです。

by Reiko




Copyright ©  --  --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS /  /