子どもの貧困の数字

先月(6月)は、子どもの貧困の数字が、2件ニュースとなりました。
この2つのニュースから見えてくるものは、何なのでしょう。

「相対的貧困率」の出し方が、それぞれ違っています。
なので数字も違いますね。


                        
子どもの貧困、格差、
日本ワースト10位     

先進41カ国調査(ユニセフ)

国連児童基金(ユニセフ)は、6月14日、
先進41カ国における子どもの貧困や格差、
教育など10分野の状況を順位付けした報告書を公表した。
日本は質の高い教育や飢餓解消で上位に入る一方、
格差による不平等の解消は32位と
ワースト10位にとどまった。
貧困撲滅も、調査ができた37カ国中23位だった。


貧困や格差の順位は、世界所得の差などを基に算定。
両分野とも上位3位はノルウェーなど北欧諸国が独占した。


日本は、飢餓の解消が1位、健康福祉は8位、
質の高い教育は10位と上位にランクイン。

一方、子どもの貧困を社会福祉などで効果的に
緩和しているかどうかを示す貧困撲滅の指数は
18%と、調査対象国の平均37.5%を大幅に下回った。


世帯所得が中央値の6割未満の相対的な貧困状態にある
子どもは18.2%(平均21%)だった。


調査担当者は「先進国であっても、進歩がすべての子どもに
恩恵を与えていない」と指摘し、対策強化を訴えている。 


2017年6月26日 福祉新聞記事より
**********************************************************************************

子どもの貧困7人に1人
12年ぶり改善、なお高水準
  2017年6月27日  ロイター



厚生労働省が27日発表した2016国民生活基礎調査で、
「子どもの貧困率」は15年時点で13.9%(7人に1人)だった。

3年おきに調査しており、過去最悪だった前回から2.4ポイント
下がった。改善は12年ぶり。

厚労省は「雇用状況が良くなり、子育て世帯の所得の増加が
主な要因」と分析している。


 ただ、先進国の中では依然として高めの水準。

特にシングルマザーなどひとり親を取り巻く状況は厳しく、

引き続き対策が求められそうだ。


**********************************************************

「国民生活基礎調査」がどこまで現状を把握
できているのか?といわれています。
相対的とは、いろいろ難しいかもしれません。

所得が基本なので、財産や借金は反映されていないですし。


ある時、会社の倒産、離婚や病気など、
生活がままならなくなった。
まずは、
自分で何とかしようと

気軽に借りられるローンや借金を
考え行動します。

その状態がなかなか改善されなかったら、
借金は減らずに公共料金や社会保険も
未払いが続きます。

やっと、所得が安定してきたとしても、
借金はそのまま。

今、貧困の実態を明らかにするために、
従来の方法とは違う新たな指標が使われはじめて
います。

2017年3月6日 NHK子どもに広がる『見えない貧困』
https://www.nhk.or.jp/special/plus/articles/20170303/index.html

http://moaikids.hateblo.jp/entry/2017/02/12/231836




この番組では「物質的略奪」という指標を使い、
それぞれの世帯の日々の暮らしに
焦点をあてた調査が行われています。

その結果、「相対的貧困」の世帯では、
子どもが当たり前に持っているはずの
「物」「人とのつながり」「教育、経験の機会」
などがうばわれていることが浮き彫りにされました。




「機会 Opportunity」
家庭でできないのであれば、
地域でという事かもしれません。

やはり、ひろこちゃんの言う、
「ごてごて昔のスタイル。
長屋スタイルが、みらネットのやっていること」
に、なりますかぁ〜。



                 by chie

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL(非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS(コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます
Copyright ©  --  --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS /  /