100マス計算

6月10日(土)の「いばきら塾」での様子です。



子どもたちは、学びボランティアの方々とマンツーマンで、

それぞれ自分たちで課題を持ってきて、勉強しています。





未来の子どもネットワークが行っています、子どもの支援事業は、

○「子どもの学習支援みら塾」

○「子どもの居場所 ii場所みらサポ」

○「子どもの学習支援いばきら塾」


この三つですが、

それぞれの風景が違います。



勉強している子どもたちや、カルタやゲームをしている子どもたち、

自分より小さい子どもの面倒をみたり、髪を結ってあげたり、

おとなに訴えたり、笑ったり、話したり、食事の手伝いをしたり、

さまざまな形態があって、、そして子どもたち毎日変わります。



成長っていうのでしょうか。。そうですよね。







さてさて、話は戻ります。

ここは「いばきら塾」
   

みんな静かに勉強していて、、

学びボランティアさんとの会話もいろいろでしょうね。

大学生さんのお兄さん、お姉さんから教えてもらったり会話したり、

どこも静かにでも楽しそうな時間が過ぎていきます。







そして、最後の1時間
恒例の「100マス計算」はじまり~。

  

一人ひとりに合わせた100マス計算の紙に一斉に取り組みました。



あわてないで、正確にでもできたら速くかな?

学びボランティアさんが、心配そうに見ています。

  

ひとり、またひとりと終わったら採点してもらって、


「あ!100点、100点だよ〜満点だったよ!」

「すごい!やったね~」



Mちゃんが照れながらとってもうれしそうに
報告してくれました。

その姿を見てじーん。



それぞれの事業には、おとなの想いがあります。

それに呼応するかのように、それに合わせた

子どもたちの姿があります。
(私の視点です)


子どもたちは、さまざまですが、

側に居るおとなに緊張して、

それをずっと笑いで隠そうとする子ども、

おとな以上に気を遣っているのではないかと。


子どもの心を理解することは

なかなかにむずかしい、といつも感じます。




子どもたちは、それぞれの家庭環境の中で、

そのまま受け入れ育っていく。






Mちゃん、100マス計算で100点

ほんとう良かったね〜!

                                   by chie
























COMMENT

NAME
TITLE
MAIL(非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS(コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます
Copyright ©  --  --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS /  /