無料塾のいろいろ

無料塾は、元病院だった施設を無償で貸してもらっているんだ。

前は、患者さんの靴でいっぱいだった病院の靴箱は、
今は子どもたちの上履きでいっぱい。
 

病院の受付だった場所でも、学ボラさんと勉強している。


病院の待合室は、小学生&中学1年生の学び場
 

院長先生が毎日診察をされていただろう場所、今は中学3年生の学び場
 

勿論レントゲン室も学び場として、使わせて頂いているよ。
レントゲン室って、扉を閉めてしまえば真っ暗で音も漏れないから
夏休みには、プロジェクターを持ち込んで映画館に早変わり。
去年の夏休みは、「アナと雪の女王」を上映(笑)したよ。
今年の夏休みは、子どもたちのリクエストで「ビリギャル」?かも。


以前、病院スタッフの休憩室、今では・・・

子ども食堂になっているよ。

無料塾には、様々な職業や年齢の方々が近隣市町村から、車で
毎週火曜日と木曜日に子どもたち支援のボランティアにきてくれる。
なので駐車場は必須。

駐車場も元病院施設近隣の方々のご厚意で空き地を週2回、
車を停めさせてもらっているよ。

そのボランティアさんの停める駐車場を草むしりする、
ボランティアスタッフもいる。ボランティアのボランティアだ。
  


勿論、無料塾に人的に関わって下さる方々だけでは、
無料塾は成り立たないんだよね。

毎月毎月、寄付を振り込んで下さる方...物資を送って下さる方。
大変ではないだろうか・・・無理なされてないだろうか・・・
お会いしたことないもない多くの方々が、
この無料塾を支えて下さっている。


寄付してくださった衣類で、すべて賄っている子もいるよ。
穴が開いている同じ服を洗わずに、ほぼ毎日着ていた子が、
毎回穴が開いていない綺麗な洋服を着てこれる様になった。
しかも、かなり(^^)おしゃれさんになったんだ。

寄付で頂いたお米は、子ども食堂だけでなく、
お米がない家庭にもお渡ししているんだ。
お米は、必ず保護者の方に受け取りに来て頂き、
いっぺんにお渡しせず、5kgほどずつにしてわたしているよ。
その度に、普段お会いできない子どもたちの家族に会え
ご家庭で困っている事や、悩み、近況を話してもらえる機会にも
なることが、なにより寄付して頂いていますお米のおかげ。


パンを届けて下さるパン屋さんもいるんだ。
朝ごはんが食べられると、子どもたちが喜ぶ。


塾で使用されている教科書も、多くの方々の協力で集まったな。


子どもたちは、本当に様々な事情を抱え、様々な怒りも抱え塾に
やってくる。とても荒れて、ボランティアスタッフに八つ当たり
せずにはいられない子どもたちもいる。

いつも、「なんで俺だけなんだよ!ずるい」と連発する子
いつも、「おとなは結局みんなおんなじ事しか言わない」と訴える子

どんな状況で境遇であっても、まっすぐに生きて行ってほしいんだ。
そしてこの塾に縁もゆかりもないのに、毎月毎月
この子たちを忘れないで支えて下さっている多くの人が居たんだ!
今は理解できなかったり、解りたくなかったりしていても、
「人の温かさ」そこに、いつかほんのりと「ありがとう」に思い気づき、
いつか、今ここにいる子どもたちが、今自分たちを支えてくれているおとな
同じようなおとなになっていってくれたら、嬉しいな・・・(/_;)

勿論ならなくても、元気に生きて行ってくれるだけでも嬉しいんだけれど....


by   HIROKO






COMMENT

NAME
TITLE
MAIL(非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS(コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます
Copyright ©  --  --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS /  /